トレーナー紹介





■戸澤 哲夫(とざわ てつお)   - 弦楽器

東京生まれ。6歳よりヴァイオリンを始める。
これまでにヴァイオリンを二村英之、瀬戸瑶子、風岡優、室内楽を田中千香士、岡山潔、山口裕之の各氏に師事。東京藝術大学を経て、同大学院修士課程を修了。この間、読売新聞社主催新人演奏会に出演、芸大室内楽オーディションなどに合格。
大学院在学中の1995年1月より、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスターに就任し、現在においてまでその重責を果たしてきている。
同じく大学院在学中の1994年にアルベリ弦楽四重奏団(ASQ)を結成し、7年にもわたるベートーベン室内楽作品全曲演奏会をはじめとして、精力的な活動を行っている。また1996年より安田弦楽四重奏楽団のメンバーとして活動し、ペーター・シュミードル氏など共演者も数多い。
ソリストとしても、東京シティ・フィルを始め、東京フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、広島交響楽団など、各地のオーケストラとたびたび共演しており、97年4月には、チャイコフスキーの協奏曲にてアメリカデビューを果たし、スタンディング・オベーションを受けるなど好評を博した。
1998年11月より1年間、アフィニス文化財団の海外派遣事業によりドイツ・ベルリンに留学、元ベルリン・フィルコンサートマスターでフライブルグ音楽大学教授のライナー・クスマウル氏のもとで研鑽を積む。
2001年より、ショスタコーヴィチで定評のあるモルゴーア・クァルテットのメンバーに加わり、2006年9月には第一生命ホール・クァルテット・ウェンズデイでのショスタコーヴィチ生誕100周年記念特別企画「3日間で弦楽四重奏曲全15曲を完奏」という大胆な試みを、成功裡に終わらせた。
また同年10月の「コンサートマスターの風貌」シリーズ最終回に出演、J.S.バッハを含むオール無伴奏のリサイタルを成し遂げ「30代半ばの油のノリ切った奏者」(音楽現代誌)との評価を得るなど、様々なジャンルにおいての活躍がますます注目されるヴァイオリニストである。
また、後進の育成にも力を入れており、マエストローラ音楽院講師をはじめ、2010年4月より日本大学芸術学部非常勤講師(ヴァイオリン、オーケストラ)に着任。
当団では2006年度より、弦楽器セクショントレーナーとしてご指導いただいており、第196回定期演奏会では、ブラームスのヴァイオリン協奏曲で共演を実現している。

ページトップへ



■澤田 和慶(さわだ かずよし)  - ヴァイオリン

97年東京音楽大学入学。在学中に特待生奨学金を得る。 01年同大学研究科入学。 同年新日本フィルハーモニー交響楽団に入団。 03年同オーケストラとメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を共演。 05年アフィニス夏の音楽祭に参加。 これまでに藤原浜雄、ティボール・コヴァチ、ルイス・キャプランの各氏に師事。


ページトップへ



■眞中 望美(まなか のぞみ)   - ヴァイオリン

5歳よりヴァイオリンを始める。桐朋学園女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部卒業。
在学中ヴァイオリンを室谷高廣、ヴィオラを岡田伸夫、室内楽を原田幸一郎・安田謙一郎・江藤俊哉の各氏に師事。
国内外の音楽祭にてV・クリモス、S・クラップ(Vn)、P・オクセンフォーファー、G・ハーマン、T・アダムプロス(Va)の各氏に指導を受ける。
アマチュアオケなどの指導やソロ・室内楽・オーケストラの分野に於いてヴァイオリンとヴィオラの演奏活動中。Quartettoボミエ2V1、sound creative咲楽Vla、新日本交響楽団2V1フォアシュピーラー契約団員を勤める。


ページトップへ



■矢浪 礼子(やなみ れいこ)   - ヴィオラ

ヴァイオリンを3歳から始め、後にヴィオラを専攻。国立音楽大学付属高等学校、同大学を経て1986年新日本フィルハーモニーに入団。ヴァイオリンを故藤本勇、故鷲見四郎、ヴィオラを渡辺啓三、故Y・シュタール、R・フェリン、室内楽を故塚原哲夫、スメタナQ.の各氏に師事。小学校の時期よりジュニアフィル(全朝日ジュニア)に入団し、その際ヨーロッパ各地で行われているセミナー、音楽祭に参加しオーケストラ・室内楽の研鑽を積み、現在では他高校・大学のトレーナーとしての実績は高く評価されている。オーケストラ・ソロ活動の他に天王洲アイル・アートスフィアでの「フランス近代室内楽」「アコースティックマジック」などの演奏・プロデュース、また病院・介護施設訪問演奏など、多彩な活動を進めている。


ページトップへ



■河田 夏実(かわだ なつみ)   - チェロ

東京芸術大学付属音楽高校を経て、同大学卒業。1991年東京文化会館新人オーディション合格。1992年バリオホールにて初リサイタルを開催、好評を博す。1994年から6年間にわたり、大倉山記念館にてデュオコンサートを企画・開催。毎回多彩なプログラムに意欲的に取り組みレパートリーを拡大。その間、国内・海外のマスタークラスやセミナーに積極的に参加して研鑽を積む。1999年にはユニット「ROSE SOURCE」をたちあげ、2枚のCDをリリース。ポピュラーの分野でも多くのアーティストのレコーディングに参加し、また演劇の世界でも音楽や演奏を担当するなど活動の範囲は多岐に及ぶ。地方のアマチュアオーケストラや初心者の個人レッスンにも長年携わっている。松下修也、故堀江泰、堀了介、林峰男、嶺田健の各氏に師事。


ページトップへ



■吉田 秀 (よしだ しゅう)   - コントラバス

1986年東京藝術大学音楽学部卒業。同大学管弦楽研究部首席奏者を経て1991年NHK交響楽団に入団。現在首席奏者を務める。室内楽の分野ではオーギュスタン・デュメイ、ピンカス・ズッカーマン、ライナー/キュッヒル、マリア・ジョアン・ピリス、ヴォルフガング・サヴァリッシュ、カルミナ弦楽四重奏団、ベルリンフィルピアノ四重奏団、ターリッヒ弦楽四重奏団、メロス弦楽四重奏団などと共演。またオイロスアンサンブル、アール・レストラン、東京シンフォニエッタ、いずみシンフォニエッタなどのメンバーとしても活動。霧島国際音楽祭、宮崎国際音楽祭などにも参加。京都市立芸術大学、東京音楽大学、国立音楽大学で後進の指導に当たる。


ページトップへ



■村松 裕子(むらまつ ゆうこ)  - コントラバス

東京都出身
97年東京藝術大学卒業。PMFフェスティバル参加。98年新日本フィルハーモニー交響楽団入団。
00年アフィニス音楽祭参加。翌年ドイツリューベック音楽大学入学。
オーケストラ活動の他、室内楽で都内の小・中学校、養護学校で演奏するなど幅広く活躍している。
これまでに故江口朝彦、吉田秀、ヨルグ・リノビツキ各氏に師事。


ページトップへ



■大成 雅志(おおなり まさし)  - 木管楽器

小6よりクラリネットを始め、京都市立堀川高校音楽科(現、京都市立音楽高等学校)を経て、1991年東京藝術大学音楽学部器楽科入学。93年イタリアにて催された、カール・ライスター氏(ベルリンフィル元主席)の国際マスタークラス受講生オーディションに最年少で合格。翌年1年休学し、ベルリンを中心にドイツ各地をあるき見聞を広げた。 98年東京藝大を中退。
第2回浜松国際音楽アカデミー&フェスティバル受講生代表。
第68回日本音楽コンクール(NHK・毎日新聞社共催)クラリネット部門 入選。
現在、各地のオーケストラに客員、客員主席で参加する他、TVドラマ、CM等のレコーディング活動も行い、2008年10月公開の映画「レッドクリフ」のサウンドトラックでもソロを担当。
また水戸室内管弦楽団、小沢征爾音楽塾オペラプロジェクト、宮崎国際音楽祭祝祭管弦楽団、JTアートホール室内楽コンサート、ギドン・クレーメル&クレメラータ・バルティカ室内管弦楽団日本公演、ラフォル・ジュルネ音楽祭にも参加した。
日本クラリネット協会会員、ホルツの会(ドイツクラリネット愛好会)講師会員。
クラリネットを海川雅富、内山洋、村井祐児、三界秀実、鈴木豊人、ヴェンツェル・フックスの各氏に、室内楽を山本正治氏に師事。
使用楽器 83年製Herbert Wurlitzerエーラーシステム


ページトップへ



■阪本 正彦(さかもと まさひこ) - 金管楽器

1987年東京藝術大学卒業。ホルンを宇田紀夫、守山光三、千葉馨の各氏に、室内楽を村井祐児、海鉾正毅の各氏に師事。85年に第88回神奈川県立音楽堂推薦音楽会に出演。在学中の86年に東京交響楽団に入団し現在に至る。また室内楽での活動も意欲的に取り組んでおり、他大学などのアマチュアオーケストラの指導でも定評がある。ピアノと木管五重奏VEGA、ゼクステット魅生瑞所属。


ページトップへ




■上田 智美(うえだ ともみ)   - トロンボーン

富山県出身。
2006年東京藝術大学卒業。
第7回日本トロンボーンコンペティション奨励賞受賞。
TIAA全日本クラシック音楽コンサート優秀賞受賞。
第11回浜松国際管楽器アカデミー&フェスティバルに参加。受講生代表として新人演奏会に出演。
第3回東京音楽コンクール金管部門第2位(1位なし)。
小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトVIIにオーケストラメンバーとして参加。現在、聖徳大学付属高等学校音楽科兼任講師。トロンボーンカルテット・クラールメンバー。 これまでにトロンボーンを秋山鴻市、神谷敏、稲場一朗、栗田雅勝、桑田晃の各氏に、室内楽を山岸博、神谷敏の各氏に師事。


ページトップへ



■山口 多嘉子(やまぐち たかこ) - パーカッション

東京藝術大学器楽科卒業。同大学大学院修了。藤井むつ子、高橋美智子、有賀誠門の各氏に師事。ソリストとして、N響、東響と、また準ソリストとしてフィルハーモニア管弦楽団(ロンドン)をはじめ国内外のオーケストラと多数共演。オーケストラのエキストラプレーヤーとしても出演多数。山口多嘉子パーカッション・ランド代表。ピアノとのデュオ「パ・ドゥ・シャ」、ユーホニアム&ピアノとのトリオ「トリオ・デ・ジャンボウ」で異種楽器とのアンサンブルにも取り組んでいる。東京佼成ウィンドオーケストラ団員。


ページトップへ



■井上 美江子(いのうえ みえこ) - ハープ

11歳よりハープをヨセフ・モルナール氏に師事。桐朋学園大学卒業後、同研究科修了。アメリカ、インディアナ大学パフォーマー・ディプロマ修了。1983年、マリア・コルチンスカ国際ハープコンクールにて特別賞、1992年には'福井ハープ音楽賞'にて最優秀演奏賞を受賞するほか、国内コンクールやオーディションなどの入賞、合格も多い。1993年と1999年の2回にわたり、文化庁在外研修員としてアメリカ、インディアナ大学に留学し、スーザン・マクドナルド教授に師事。同地で4回のリサイタルを行ない、また初のソロCDの録音、制作をするなど研鑽を積む。帰国後も、国内各地でオーケストラ・プレーヤー・ソリストとして活発なコンサート活動を行うとともに、アメリカで故武満徹氏の作品を演奏するなど、海外での演奏の機会も多い。現在、桐友学園大学非常勤講師。


ページトップへ