2018年 第11回ヨーロッパ演奏旅行

概要
〜演奏旅行について〜
演奏旅行の目的は、まずはクラシック音楽の本場であるヨーロッパにおいて日ごろの研鑚の成果を発表し、その成果・批評を今後の活動の糧とすることであります。
さらに音楽を通じヨーロッパの文化に直に触れ、現地の人々とのコミュニケーションを取ることにより個々人が国際人としての自覚を持つことができる企画である、という自負もあります。
我々にとって音楽の本場の聴衆を前にして演奏することは、大きなチャレンジであり、またその経験は今後の人生において大きな財産になるものであります。1978年より続きますヨーロッパへの演奏旅行の成果は、115年を越える歴史を持つ当団の新たな伝統として、脈々と演奏に活かされております。

公演スケジュール

2018年2月25日 19時30分 開演 スメタナホール(プラハ)
2018年2月28日 19時30分 開演 ヘラクレスザール(ミュンヘン)
指揮:川瀬賢太郎
曲目:
ワーグナー/タンホイザー 序曲
プロコフィエフ/『シンデレラ』組曲第1番 Op.107
ラフマニノフ/交響曲第2番

2018年3月4日 19時30分 開演 楽友協会(ウィーン)
2018年3月9日 19時30分 開演 コングレスホール(ブダペスト)
指揮:大河内雅彦
曲目:
チャイコフスキー/イタリア奇想曲
大栗裕/大阪俗謡による幻想曲
ブラームス/ピアノ四重奏曲第1番(シェーンベルク編)

※現地時間